皆さん、今年もワカサギ人工ふ化事業が始まりました(≧◇≦)

霞ヶ浦漁協では、毎年、霞ヶ浦におけるワカサギ資源の維持・増大を

図るため、組合員によるワカサギの人工ふ化(増殖)事業に

取り組んでいます。

 今年も、茨城県による特別採捕許可を受け、湖内各地に設置した

張網(小型定置網)によって採捕した親ワカサギを、船溜まりにおいて

人工的に受精させ、この受精卵をシュロ枠にぬるように付け、

束ねたシュロ枠を湖内に沈めてふ化するのを待ちます。

 下記写真は各支部での人工ふ化事業の様子です。
人工孵化1_ページ_1.jpg
かすみがうら市支部では、学校の行事としても、
                ワカサギ人工ふ化をしています。
  生徒さんたちは、真剣に聞いています(^_^)v
 
 
 なお、人工ふ化事業用に使用した後のワカサギについては、

証票(特採生ワカサギシール)を貼ったうえで共同出荷販売を行い、

人工ふ化事業用の経費に充てています。

 共同出荷販売の様子です。

出荷元特採ワカサギ.JPG

出荷元特採ワカサギ1.JPG

 店捕に並ぶとこんな感じです。

スーパー特採ワカサギ.jpg

霞ヶ浦におけるワカサギ資源保護にご協力をよろしく
                 お願いいたしますm(_ _)m

(参考)*www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/suishi/ 
         茨城県水産試験場のホームページアドレスです。


 

2017.01.25